【ぬきぬき】21035本の動画を公開中

【最終回】パパ活女子狩り 長野出身20歳 女子大生 国宝級の桃色乳首 純白美肌 純白パンティをライトアップして集中痴観察

続きはこちらをクリック

続きはこちらをクリック

メーカー:軽バン配達員
レーベル:痴かん風シュチュ・羞恥
ジャンル: パンチラ 痴漢 巨乳 セクハラ ミニスカート 純白 女子大生 街撮り

何という時代なのだろうか。
使い捨てのメールアドレスを利用し、SNSへ登録し「P活」と検索すれば、これだけ簡単にデートしてくれる相手が見つかるのだ。
よく探せば、自分のセクシーな下着写真を公開し、私を挑発してくる若い娘までもいる。

世の中、重要なのは結局金だ。
金を見せれば、若い女はついてくる。
金を欲しがる女も金で女を買う男も間違っている。
それだから日本は少子化が加速するのだ。
デートしただけで数万円も大金を貰い、自分にばかり金を使う娘たちには仕置きが必要だと思っていた。

若い女子大生の体に病みつきになっている私は、女子大生にターゲットを絞り込み、SNSでメッセージを送った。
そして都内の女子大生とデートの約束を交わした。

・大人の関係なし
・食事デート 2時間2万

これがデートの条件だったが、過去にパパ活でいたずらされた経験があるようで、少し不安な様子だった。
私は紳士を演じ、優しい雰囲気でメッセージを返信したのが良かったのかもしれない。
木曜日の夜8時に●千住での待ち合わせに決まった。

当日の午後、私は配達のミスがあり(詳細を書けば倉庫側の誤りだ)、その後始末があって約束の時間に遅れてしまったのだが、娘は雨の中を待っていてくれるとのメッセージが届いていた。

駅から少し離れたコインパーキングに車を停め、小走りで待ち合わせ場所に向かった。
立っていたのは白いコートを着た、ごく普通の若い学生さんだった。
きょとんとしていて可愛らしく、長い黒髪を結んでいる。
こんな普通の娘さんが、なぜパパ活などするのかと思ったが、白いコートの下は生足とミニスカートが見えて興奮してしまった。

予定より少し遅くなったが、偽名で予約していた飲食店に入った。
乾杯をしながら、いくつか質問をしたが会話が続かず、沈黙する時間が多かった。
私は先に2万を渡さなかったから、警戒されたのかと疑心暗鬼になりかけていたが、女子大生が急に
「暗くてごめんなさい」
と言い出したのだ。
私は反射的に
「全然構わないよ、何かあったの?」
とは口にしたものの、何故金を払う立場の私が気を遣わなければならないのかという思いもあった。
それから彼女の話を聞いた。
出身の長野の高校から大学のために上京したが、コロナの影響で通常どおりの授業やゼミが行えず、友達もろくにできないままリモート生活になってしまっていた為、大学にもあまり出席できていないというのだ。

学生にとってもコロナウイルスとは壮絶な影響力があったのだろうと思った。
昨年の甲子園の優勝監督が残した言葉どおり「青春とは密」である。
その密を失った彼らは、思春期に大切な経験ができかなかった時代の被害者でもある。
目の前で暗い顔をして大学生活を語る彼女を見ながら、私も昔の友人達の顔を思い出していた。

話を聞いていれば確かに可哀想な女学生さんだが、堂々とパパ活と称して男性から高額なデート費用を摂取している娘というのも事実。
私は悩んでいたが決心ができる前に、娘が化粧室へ席を立ってしまったのだ。
その間、私は衝動的にいつも通りの支度を済ませてしまった。

彼女とこのまま普通に別れても、私は2時間で2万円という高額費用を支払わなければならないが、私にはそんな余裕などない。
そんな事を考えているうちに、彼女は席に戻りグラスを飲み干してしまった。
それから30分も経たない間に、私は彼女を担ぐようにして店を出た。

調べておいた漫画喫茶へ、肩をかしながら何とか歩き、受付をクリアして二人用の部屋へ入室した。
部屋に入ると私は自然と目出し帽をかぶり、カメラを用意してしまった。
だが、未だに悩んでいた。
娘は田舎から一人で出てきた学生さんで、コロナのせいで友人などに恵まれず、学校にも通えず可哀想だという気持ちがあった。
少しだけ匂いを嗅いで我慢して、今日はこのまま帰ろうかと思いながら、横になっている彼女の服の匂ぎ始めた。

それが間違いだった。
少しと思い洋服の匂いを嗅ぐと、頭がおかしくなり、やめられなくなってしまった。
この娘の住む部屋の匂いがたっぷりとする洋服。
どんな部屋に住み、どんなパンティーを何枚持っているのだろう。
卑猥な想像が次々に生まれた。
そして短いスカートからは、すらりとした生足が飛び出している。
無意識にも私の息子はパンパンの硬直状態になってしまっていた。
もはや我慢できる状況ではなかった。
私は罪の意識を感じながら、彼女の太ももに生温かい液体を発射してしまった。

一度やってしまった罪は消えない。
それに一度やってしまったのなら、二度やっても同じことだ。
私は罪悪感を捨てようと、自分に都合良く言い訳を並べながら、うつ伏せ状態の彼女のスカートの中をペンライトで照らした。
細すぎず、太すぎない良い太さの太ももの先には純白パンティーが見える。
学校で友達も中々できない内気な彼女は、やはり真面目な白パンティだ。
思わずミニスカートの中に顔を突っ込んでしまった程に私は興奮していた。

そして気になっていたサンダルを脱がせた。
まだ春先なのに元気な生足、素足にサンダルとはさすがは大学生だが、このサンダルの踵はゴムで固定されるようになっているが、足の甲を包む部分はふわふわとした暖かなそうな生地で出来ている。
今はこういったサンダルが流行っているだろうか。
そう思いながらサンダルの匂いをたっぷりと嗅いだが、臭くはなくフレッシュな汗の香りがした。

サンダルの匂いだけではもう我慢ができない。
次にミニスカートを捲り上げ、純白のパンティーを身につけた尻を出した。
元気の良いプリプリとした新鮮尻だ。
白い生足も更に長く見える。
この女子大生、脱がすほどにエロさが増してゆく。
無意識にカメラを置き、私の両手は女子大生の尻を揉んでいた。
そしてうつ伏せ状態の彼女のとなりに添い寝し、パンティーを捲り、フルバックをTバックにして弄んだ。
生尻を揺らせば、プルプルと震える。
その様子もカメラに収めてあるので、是非堪能してもらいたい。

たっぷりと尻を愉しんだ後、娘を仰向けにした。
既にスカートが捲れ上がってしまって、白パンティーが見えている姿が実に卑猥だ。
私は娘の白い上着を捲り、胸元を覗き込んだが、パンティーとお揃いの白いブラジャー。
そして意外にもこの胸、豊満な乳の持ち主だった。
上着を捲りあげ、ブラジャー姿にすると、やはりデカい乳だ。
最近の若い娘は実に乳がでかい。
昔の女は乳のデカさを自慢し強調していたと思うが、今の若い娘たちはデカい乳を隠し歩いているのだ。
その隠されたデカ乳を見る時ほど、私は興奮してしまう。

仰向け状態の娘の下着をじっくりと観察した。
白い生地に白の花柄、その清楚な下着が実によく似合う女子大生とエロい体。
肉体労働から解放された気持ちになれる私にとって最高の瞬間だ。
さあ次は隠れていたデカい乳をたっぷりと揉ませてもらおうか。

娘の状態を起こし、いつも通りに私は背後に回り込み、私の足の間に娘を座らせた。
背後から乳を握りしめると、私はたまらなく興奮する。
そして生乳を握るために、ブラジャーを少しずらした時、まさかの桃色乳首が出てきたのだ。
カメラにもしっかりと収めたが、是非鑑賞してほしい。
乳輪から乳首まで完璧な桃色だ。
大自然の長野で育った、桃色の若い乳首。
これ以上美しい物を探す方が難しいほどだ。

そしてその美し乳首を完全に露わにし、私は触れた。
最初は元気のない様子の乳首だったが、私に反応し少しだけ起き上がった。
起きた乳首も実に美しかった。
また乳の揉み応えも素晴らしかった。
背後から乳首と胸をずっと触った。

それからは時間を忘れ、たっぷりと全裸までを愉しみカメラを回した。
だが、一人部屋から出て私は自分に嘘がつけなくなった。
パパ活女子狩りはもう辞めよう。
パパ活と称して高額請求をする銭ゲバ娘も確かにいるが、この娘のように生きる為に必死の子もいる。
本当に申し訳ないことをした。

動画時間:約32分15秒
フレーム:1920×1080
サイズ:約1.37 GB

私自身を守る為にもカメラを撮っている時、娘のマスクはつけたままです。

・登場する人物は18歳以上である事を確認しております。
・登場する人物はモデルであり、同意の上で撮影を行っています。
・フィクションであり登場人物、撮影場所に関しては一切関係ございません。
・日本国内で適用されている全ての法律に違反する内容は一切含まれておりません。
・動画や画像の転売・転載・複製・編集などは著作権法違反であり、固く禁じております。

※引用動画の著作権は販売者様に帰属します

[Last episode] Daddy Women’s Hunting Born in Nagano 20 -year -old Female College Student’s National Treasure Class Pink Nipple Pure White Beautiful Skin Panty Panties are lit up and intensively observed

What an era?
If you use the disposable email address and register on SNS and search for “P -activity", you will find someone who can date this easily.
If you look closely, you will have a young girl who will publish your sexy underwear photos and provoke me.

The important thing in the world is money.
If you show money, a young woman will follow.
Both women who want money and men who buy women with money are wrong.
That’s why Japan’s declining birthrate accelerates.
I just got a lot of money just for dating, and I thought that daughters who spent money would need punishment.

I am addicted to the body of a young female college student, narrowed down to a female college student and sent a message on SNS.
He promised a date with a female college student in Tokyo.

・ No adult relationship
・ Meal date 2 hours 20,000

This was the condition of the date, but he seemed a little uneasy in the past.
It may have been nice to play a gentleman and reply to the message in a gentle atmosphere.
At 8:00 pm on Thursday, I decided to meet in Senju.

In the afternoon of the day, I had a delivery mistake (if I wrote the details, it would be a mistake on the warehouse side), and after that I was late for the promised time, but my daughter was waiting for the rain.The message had arrived.

I parked my car in a coin parking a little away from the station and headed for a meeting place.
Standing was a very young student wearing a white coat.
It is so cute, cute, tied long black hair.
I wondered why such an ordinary daughter would do daddy, but under the white coat, I was excited to see raw feet and mini skirts.

It was a little slower than planned, but I entered a restaurant that I had booked with a pseudonym.
While having a toast, I asked some questions, but the conversation did not last, and I had a lot of time to silence.
I didn’t give 20,000 earlier, so I was suspicious of being alert, but a female college student suddenly
“I’m sorry it’s dark"
I said.
I’m reflective
“I don’t mind at all, what happened?"
Although I said, there was also a wonder of why I had to pay attention.
Then I heard her story.
I came to Tokyo from a high school in Nagano for college, but because of the Corona, I couldn’t take the usual classes and seminars, and I had a remote life without any friends, so I was able to attend a lot so much.There is no.

I thought that the student had a fierce influence on Coronovirus.
As the words left by Koshien’s championship last year, “Youth is dense".
They lost their secrets and were victims of the days when they could not have an important experience in puberty.
While seeing her, she talked about college life with a dark face in front of her, I remembered the old friends’s faces.

It is true that she is a poor schoolgirl, but she is a daughter who is dignifiedly dating a high dating cost from a man.
I was worried, but before I was able to make a decision, my daughter stood in the cosmetic room.
Meanwhile, I was impulsively preparing as usual.

Even if she breaks up with her, I have to pay a high cost of 20,000 yen in 2 hours, but I can’t afford it.
While thinking about that, she returned to her seat and drank a glass.
Less than 30 minutes later, I left the store to carry her.

I managed to walk to the manga cafe that I looked up with my shoulders, cleared the reception, and entered the room for two people.
When I entered the room, I naturally wore a hail and prepared a camera.
But I was still worried.
My daughter was a student who came out alone from the countryside, and was not blessed with friends because of Corona, and I felt sorry that I could not go to school.
I sniffed and put up with a little smell, and began to smell her clothes, thinking about going home today.

That was a mistake.
When I smelled the clothes a little, my head became crazy and I couldn’t stop.
Clothes with plenty of smell of the room where this girl lives.
What kind of room lives and what panties do you have?
Obscenous imagination was born one after another.
And a slender raw foot pops out from the short skirt.
Unconsciously, my son had become stiff.
It was no longer a situation where I could endure.
I fired a warm liquid on her thighs, feeling guilty.

The crime you have done will not disappear.
And once you’ve done it, it’s the same even if you do it twice.
I tried to abandon my guilt, lining up my prone skirt with a penlight while arranging excuses conveniently.
Pure white panties can be seen at the tip of a thick thick thigh that is not too thin and not too thick.
She is a serious white panty, who is unable to have friends at school.
I was so excited that I had a face into the mini skirt.

And I took off the sandals I was worried about.
Although it is still in the early spring, it is a college student with healthy raw feet, bare feet, but is a college student, but the heel of this sandal is fixed with rubber, but the part that wraps the instep is fluffy and warm.It is made.
Is these sandals popular now?
While thinking so, I smelled the smell of sandals, but it smelled fresh and fresh.

The smell of sandals alone cannot be endured anymore.
Next, he rolled up the mini skirt and put out his buttocks wearing pure white panties.
It is a cheerful butt.
The white raw feet also look even longer.
This female college student, the more erotic, the more erotic.
I put my camera unconsciously, and my hands were rubbing the ass of a female college student.
She laid down to her in sheed down, turned her panties, turned the full back T -back and played with it.
If you shake the raw butt, it will tremble with a pull.
The situation is also included in the camera, so I want you to enjoy it.

After plenty of ass, she laid her daughter on her back.
The skirt has already been rolled up and the white panties are visible is really obscene.
I turned my daughter’s white jacket and looked into my chest, but a white bra with panties and matching.
And surprisingly, this breast was a plump milk owner.
When you turn your jacket up and make it a bra, it’s still a big milk.
Recent young girls have a big milk.
I think the old woman boasted and emphasized the big breasts, but now the young girls are walking hiding their big milk.
The more I see the hidden big milk, the more I get excited.

I carefully observed the underwear of my daughter on my back.
A female college student and an erotic body with white fabric, white floral pattern, and neat underwear.
It’s the best moment for me to feel free from human labor.
Next, let’s rub plenty of hidden big milk.

He raised his daughter, and as usual, I turned behind and sat between my feet.
When I hold my milk from behind, I get excited.
And when I shifted my bra a little to hold raw milk, a rainy pink nipple came out.
I put it on the camera firmly, but I want you to appreciate it.
The perfect pink from the areola to the nipples.
A pink young nipple grew up in Nagano in nature.
It is more difficult to find more beautiful things.

And the beautiful nipple was completely exposed, and I touched.
At first it was a nipple who didn’t seem to be fine, but reacted to me and got up a little.
The nipple that woke up was really beautiful.
Also, the rubbing of the milk was wonderful.
I touched my nipples and chest all the time from behind.

Then I forgot the time, enjoyed plenty of nakedness and turned the camera.
However, I got out of the single room and I couldn’t lie.
Let’s quit daddy girl hunting.
There is certainly some Geba girls who are called Daddy and make a high claim, but some children are desperate to live like this girl.
I was really sorry.

Video time: about 32 minutes 15 seconds
Frame: 1920 x 1080
Size: Approximately 1.37 GB

When I’m taking a camera to protect myself, my daughter’s mask remains on.

・ We have confirmed that the person who appears is 18 years old or older.
・ The person who appears is a model and is shooting with consent.
・ It is fiction and has nothing to do with the characters or the shooting location.
・ No content that violates all laws applied in Japan.
・ Video and images resale, reprinting, duplication, editing, etc. are violations of copyright law and are strictly prohibited.

[上一集]爸爸女子狩猎出生于长野20岁 – 年龄 – 戈德女学生的国宝班粉红色乳头纯白色美丽的皮肤内裤内裤被点亮并深入观察

什么时代?
如果您使用一次性电子邮件地址并在SNS上注册并搜索“ P Activity”,您会发现可以轻松约会的人。
如果您仔细观察,您将有一个年轻女孩,他们会出版您的性感内衣照片并挑衅我。

世界上重​​要的是金钱。
如果您展示钱,一个年轻女子将跟随。
想要钱的女人和用金钱买女人的男人都错了。
这就是为什么日本下降的出生率加速的原因。
我只是为了约会而赚了很多钱,我认为花钱的女儿需要惩罚。

我沉迷于一个年轻的女大学生的身体,缩小到女大学生,并在SNS上发送了一条消息。
他答应与东京的一名女大学生约会。

・没有成人关系
・用餐日期2小时20,000

这是约会的条件,但过去他似乎有些不安。
扮演一个绅士并在温柔的气氛中回答信息可能很高兴。
星期四晚上8:00,我决定在森朱见面。

在一天的下午,我遇到了一个交货错误(如果我写了细节,那在仓库方面将是一个错误),之后我迟到了,我的女儿正在等待下雨。消息已经到了。

我把车停在远离车站的硬币停车场,前往聚会场所。
站立是一个非常年轻的学生,穿着白色外套。
它是如此可爱,可爱,绑着长长的黑发。
我想知道为什么这样一个普通的女儿会做爸爸,但是在白色外套下,我很高兴看到生脚和迷你裙。

这比计划慢一点,但是我进入了一家以化名预订的餐厅。
在有敬酒的同时,我问了一些问题,但是谈话并没有持续,我有很多时间沉默。
我没有早些时候给20,000,所以我怀疑要保持警惕,但是一名女大学生突然
“对不起,它是黑暗的”
我说。
我反思
“我一点都不介意,发生了什么事?”
尽管我说,但也有一个奇怪的是我为什么不得不关注。
然后我听到了她的故事。
我从长野的一所高中来到东京上大学,但是由于电晕,我无法参加通常的课程和研讨会,而且我没有任何朋友,所以我有一个遥远的生活,所以我能够参加很多事情。没有。

我认为该学生对冠状病毒有严重影响。
正如去年科希恩(Koshien)冠军所留下的那样,“青年是密集”。
他们失去了秘密,是他们在青春期没有重要经验的日子的受害者。
在见到她的同时,她谈论了大学生活,面前有着黑暗的脸,我想起了老朋友的脸。

的确,她是一个贫穷的女学生,但她是一个女儿,她端庄的约会约会很高,一个男人的约会费用。
我很担心,但是在我做出决定之前,我的女儿站在化妆室里。
同时,我像往常一样冲动地准备。

即使她与她分手,我也必须在2小时内支付20,000日元的高费用,但我负担不起。
在考虑到这一点时,她回到座位上喝了一杯。
不到30分钟后,我离开了商店带她。

我设法走到我肩上抬起头的漫画咖啡馆,清理了接待处,然后进入了两个人的房间。
当我进入房间时,我自然会戴冰雹并准备了相机。
但是我仍然很担心。
我的女儿是一个从乡村独自出来的学生,由于Corona而没有得到朋友的祝福,我很抱歉我无法上学。
我嗅着一点气味,开始闻到她的衣服的气味,今天想回家。

那是个错误。
当我闻到衣服的味道时,我的头变得疯狂了,我无法停止。
这个女孩居住的房间里有充足的气味。
什么样的房间生活,您有什么内裤?
淫秽的想象力是彼此诞生的。
一条细长的生脚从短裙上弹出。
不知不觉地,我儿子变得僵硬。
不再是我可以忍受的情况。
我向她的大腿发射了温暖的液体,感到内gui。

您所做的犯罪不会消失。
一旦完成,即使您进行了两次,也是一样的。
我试图放弃内gui,在方便地安排借口的同时,用笔光排成一条俯卧的裙子。
纯白色的内裤可以在厚厚的大腿尖端看到,它不太薄且不太厚。
她是一个严重的白色内裤,无法在学校有朋友。
我很兴奋,以至于我穿着​​迷你裙子。

我脱下了我担心的凉鞋。
尽管它仍在早春,但它是一名大学生,脚赤脚健康,但是一名大学生,但是这种凉鞋的脚跟是用橡胶固定的,但包裹脚步的部分是蓬松而温暖的。它是制造的。
这些凉鞋现在很受欢迎吗?
当我这样想时,我闻到了凉鞋的气味,但闻起来很新鲜。

仅凉鞋的气味再也不能忍受。
接下来,他卷起迷你裙,穿着纯白色内裤伸出臀部。
这是一个开朗的屁股。
白色的脚看起来也更长。
这位女大学生,越色情,越色情。
我不知不觉地放了相机,我的手正在擦自己的女大学生的屁股。
她躺在她身上躺在她身上,转过身内裤,转过身t -back并与它一起玩。
如果您摇动原始屁股,它将用拉力颤抖。
情况也包括在相机中,所以我希望您喜欢它。

经过充足的屁股,她把女儿躺在她的背上。
裙子已经被卷起,可见白色的内裤真的很淫秽。
我把女儿的白色外套转过身,看着胸部,但穿着内裤和搭配的白色胸罩。
令人惊讶的是,这种乳房是一个丰满的牛奶老板。
当您将夹克抬起并制作胸罩时,它仍然是大牛奶。
最近的年轻女孩有大牛奶。
我认为那个老妇人吹嘘并强调了大乳房,但现在年轻的女孩正在隐藏大牛奶。
我看到隐藏的大牛奶的越多,我就越兴奋。

我仔细地观察了我女儿的内衣。
女大学生和一个色情的身体,带有白色织物,白色花卉图案和整洁的内衣。
这是我摆脱人工劳动的最佳时刻。
接下来,让我们擦大量隐藏的大牛奶。

他抚养了女儿,像往常一样,我转过身坐在脚之间。
当我从后面握住牛奶时,我会感到兴奋。
当我将胸罩稍微握住生奶时,一条多雨的粉红色乳头出来了。
我把它牢牢地放在摄像头上,但我希望您欣赏它。
从乳晕到乳头的完美粉红色。
一位粉红色的年轻乳头在大自然中长大。
找到更多美丽的东西更加困难。

美丽的乳头完全暴露在外,我触摸了。
起初是一个乳头,似乎不好,但对我做出了反应,并起来了一点。
醒来的乳头真的很漂亮。
而且,牛奶的摩擦也很棒。
我一直从后面触摸我的乳头和胸部。

然后,我忘记了时间,享受了很多裸体,然后转动了相机。
但是,我离开了单人间,我不能撒谎。
让我们退出爸爸女孩狩猎。
肯定有一些Geba女孩被称为爸爸,并提出了很高的要求,但是有些孩子迫切希望像这个女孩一样生活。
我真的很抱歉。

视频时间:大约32分15秒
框架:1920 x 1080
尺寸:大约1.37 GB

当我乘坐相机保护自己时,女儿的面具仍在戴上。

・我们已经确认出现18岁或以上的人。
・出现的人是模特,并在同意下拍摄。
・这是虚构的,与角色或射击位置无关。
・没有任何内容违反日本适用的所有法律。
・视频和图像转售,重印,重复,编辑等是违反版权法的行为,并严格禁止。

続きはこちらをクリック